アルジャーノンに花束を 第10話(最終話)

咲人は、梨央を助けるために、杉野らとチームを結成。それを知った柳川と檜山は希望を持つ。しかし、咲人を助けたい一心の遥香は、一刻も早く対処法を見つけてほしいと蜂須賀に懇願する。

出演:山口智充、戸田恵梨香、小出恵介、利重剛、荒川良々、山内圭哉、飯田基祐、黒島結菜、城島茂、伊東四朗 ほか

アルジャーノンに花束を 第9話

アルジャーノンにALGの副作用が認められることを蜂須賀から聞かされた咲人は、研究所へと戻っていた。そこへ遥香が咲人を探してやってきた。 研究室へ向かうと、蜂須賀から今後の対策が説明される。それは、咲人と蜂須賀で議論を重ねた結果、ある仮説を立て、それに基づき退行作用を防ぐために、ALGを強化改良する事だった。

出演:山口智充、戸田恵梨香、小出恵介、利重剛、荒川良々、山内圭哉、飯田基祐、黒島結菜、城島茂、伊東四朗 ほか

アルジャーノンに花束を 第8話

研究センターを解雇された遥香を追うように、蜂須賀の元から出て行った咲人。身寄りのない咲人は、「たくさん心配させてしまった」と言い、遥香も自身の気持ちを素直に伝え、お互いの心を通わせる。 その頃、ALGでは梨央の病気が治せないことを知り、ショックを受けている河口の元へ杉野が現れる。

出演:山口智充、戸田恵梨香、小出恵介、利重剛、荒川良々、山内圭哉、飯田基祐、黒島結菜、城島茂、伊東四朗 ほか

アルジャーノンに花束を 第7話

学会で発表することになった咲人は、自分の知能を向上させた薬「ALG」を一般の人にも適用すれば、差別や戦争はなくなり平和な社会になると語りかける。拍手が湧き起こる中、咲人は客席に亡くなった父・久人の姿を見つけ呆然とする。

出演:山口智充、戸田恵梨香、小出恵介、利重剛、荒川良々、山内圭哉、飯田基祐、黒島結菜、城島茂、伊東四朗 ほか

アルジャーノンに花束を 第6話

遥香と蜂須賀の、キスを目撃した咲人は、梨央を呼び出し一夜を共にする。翌日、咲人は、母親・窓花に会いたいと申し出る。遥香は一緒に案内するというが、咲人は一人で大丈夫だという。

出演:山口智充、戸田恵梨香、小出恵介、利重剛、荒川良々、山内圭哉、飯田基祐、黒島結菜、城島茂、伊東四朗 ほか

アルジャーノンに花束を 第5話

草野球の試合でホームランを放ち大活躍の咲人は、蜂須賀ら研究チームのテストでも成績が飛躍的に伸びていた。そう、ついに手術の効果が表れてきたのだ。お利口になったことを認識し始めた咲人は、今まで見えていた世界が違って見えるようになったことを感じていた。

出演:山口智充、戸田恵梨香、小出恵介、利重剛、荒川良々、山内圭哉、飯田基祐、黒島結菜、城島茂、伊東四朗 ほか

アルジャーノンに花束を 第4話

ついに、知能を飛躍的に向上させる手術を受けた咲人。蜂須賀は、術後に経過を検証するが、大きな変化はない。「おりこう、なりましたか?」と尋ねる咲人に対し、「信じて待ってみよう」と遥香。一方、柳川と檜山は、梨央と舞を誘って咲人の快気祝いを開くと・・・

出演:山口智充、戸田恵梨香、小出恵介、利重剛、荒川良々、山内圭哉、飯田基祐、黒島結菜、城島茂、伊東四朗 ほか

アルジャーノンに花束を 第3話

咲人の適正テストが始まったが芳しい結果が得られず、蜂須賀ら研究員は表情を曇らせる。しかし遥香は、咲人のテストに対する熱意や向上心には特筆すべきものがあると主張。一方、咲人が知能向上の手術を受けると聞いた柳川と檜山は・・・

出演:山口智充、戸田恵梨香、小出恵介、利重剛、荒川良々、山内圭哉、飯田基祐、黒島結菜、城島茂、伊東四朗 ほか

アルジャーノンに花束を 第2話

社長の竹部の方針により、柳川や檜山ら従業員は、現金で給料を支給される。そこに柳川の母親・京子が訪ねてきた。竹部に挨拶に来たというが・・・

出演:山口智充、戸田恵梨香、小出恵介、利重剛、荒川良々、山内圭哉、飯田基祐、黒島結菜、城島茂、伊東四朗 ほか

アルジャーノンに花束を 第1話

主人公の白鳥咲人は28歳だが、知能は6歳児並みという知的障がいを持ち、少年刑務所に入っていたなど訳アリな若者が集まる花の配送センター「ドリームフラワーサービス」で働いていた。ある日、望月遥香の住むマンションにバラの花束を届けに行くが・・・

出演:山口智充、戸田恵梨香、小出恵介、利重剛、荒川良々、山内圭哉、飯田基祐、黒島結菜、城島茂、伊東四朗