残念な夫。 第10話

陽一は調停で知里の要求を全て認めて離婚に同意し、離婚届けの提出も知里に任せることに…。

残念な夫。 第9話

陽一は千里に会うため新潟へ向かう。父親に伴われて現れた千里に、陽一は離婚の真意を尋ねるが・・・

残念な夫。 第8話 

榛野陽一は、大石かおりとホテルで一晩過ごして朝帰り。酔っていたためホテルで何があったか覚えていない陽一は…。

残念な夫。 第7話 

榛野陽一宅に、知里が須藤由衣、優斗母子を連れて来て、由衣たちを泊めたいと言う。

残念な夫。 第6話 

榛野陽一は、須藤俊也の妻、由衣との写真を知里に見られてしまう。陽一は由衣がサークルの後輩で、一時期交際していたことを素直に告白。

残念な夫。 第5話 

榛野陽一は細井茂と、須藤俊也宅設計の打ち合わせをしていたが、この日の俊也は陽一に鋭い視線を飛ばしている。

残念な夫。 第4話 

榛野陽一が出勤しようとしていると、知里がハガキを見ながらうらやましがっている。ハガキは、知里の友人が新婚旅行先のハワイから送ったものだった。

残念な夫。 第3話 

非行少女が父親をバットで殴ったとの雑誌記事を読んだ榛野陽一は、娘の将来を思って不安になる。

残念な夫。 第2話 

榛野陽一は、知里がつけている育児日記に離婚届が挟まっているのを見つけてしまう。信じられない陽一は知里本人に聞くことも出来ずにオロオロするばかり。

残念な夫。 第1話 

榛野陽一と知里夫婦は、温かくて明るい、“理想の家庭”を夢見て結婚。しかし、その夢は知里の出産を期に変化しようとしていた。