35歳の高校生 第11話

魔女裁判は続く。亜矢子は無実を訴え、そのノートは亡くなった亜矢子の母の日記だと明かした。

35歳の高校生 第10話

3Aの雰囲気は明るくなり、生徒たちはスクールカーストがなくなったのは亜矢子のお蔭だと感謝するが…。

35歳の高校生 第9話

野田校長は生徒に特別カリキュラムを課す事を提案し、3年A組のカリキュラムはキャンプとなった。

35歳の高校生 第8話

大学受験を前に、小泉は、野田校長から国木田高校の裏サイトの監視を命じられる。

35歳の高校生 第7話

リーダーだったはずの美月に対して、他の1軍女子は手のひらを返したような態度をとっていて…。

35歳の高校生 第6話

国木田高校の女子駅伝部は全国大会出場が有力視され、美月と萌はエースとして期待されていた。

35歳の高校生 第5話

文化祭を目前に3年A組ではリーダーを決める話し合いとなり、梨花子が1軍生徒を代表して立候補した。

35歳の高校生 第4話

ある日、小テストを受けていた亜矢子は、社会科教師の猿渡からカンニングをしたと言われてしまう。

35歳の高校生 第3話

亜矢子は、何者かがネット上で裏サイトを運営し、学校全体が階級制度に支配されている事を知る。

35歳の高校生 第2話

ある日、野田校長のアイデアで、生徒たちから悩みや不安を訴えてもらうための目安箱が設置される。