64 第5話(最終話)

記者クラブとの報道協定を守るため、三上は、松岡が指揮する捜査車両に乗り込んでいた。三上は再び、被害者の父が身代金を運ぶ車を追うことになる。新たな誘拐犯が父・目崎に指示する受け渡しルートは、14年前のロクヨンと全く同じだった。

出演:ピエール瀧、木村佳乃、新井浩文、山本美月、永山絢斗、吉田栄作、柴田恭兵、段田安則

64 第4話

警察庁長官視察の前日。ロクヨンに酷似した少女誘拐事件が発生。三上は、記者クラブとの報道協定締結を目指すが、刑事部は頑として情報提供を拒む。少女とその家族の名前が匿名のままであることに記者クラブは大きく反発する。

出演:ピエール瀧、木村佳乃、新井浩文、山本美月、永山絢斗、吉田栄作、柴田恭兵、段田安則

64 第3話

警察庁長官の視察が迫る中、取材ボイコットを唱える秋川ら記者クラブの勢いは収まる気配がない。しかも、三上は刑事部長の荒木田から、長官視察を混乱させるようにと命令されるが・・・

出演:ピエール瀧、木村佳乃、新井浩文、山本美月、永山絢斗、吉田栄作、柴田恭兵、段田安則

64 第2話

「声」

三上は、遺族の雨宮が県警に強い不信感を抱いていることを疑問に思う。当時捜査に関わった刑事たちを訪ね歩くが・・・

出演:ピエール瀧、木村佳乃、新井浩文、山本美月、永山絢斗、吉田栄作、柴田恭兵、段田安則

64 第1話

『窓』

県警内で「ロクヨン」という符丁で呼ばれる、昭和64年1月の少女誘拐殺人事件の時効が迫っており、被害者の父親を長官が慰問し、解決に全力を挙げる決意をアピールするための視察だが・・・

出演:ピエール瀧、木村佳乃、新井浩文、山本美月、永山絢斗、吉田栄作、柴田恭兵、段田安則